| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

主人へ


(撮影:2017.3.11)


acolog

「・・・寝ちゃったみたいだね。」


acolog

ソファで眠ってしまった主人のそばで
一家団欒のひととき。


acolog

「起こしちゃうから
おしゃべりは静かな声でね。」


acolog

あの日あの時・・・


acolog

らんまるはそばに居て
そっと見守ってくれていたんだよ*



| memories photo | 23:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

近況報告



ゴールデンウィーク
みなさま、有意義なお休みをお過ごしでしたでしょうか。


随分お久しぶりの更新になってしまいました。
まだ続けるんだと決めているのに
その割に更新の頻度が低くて……うぅ我ながら情けない。


acolog





ほんとにお久しぶりの更新になりました。
FC2ブログにログインするのも久しぶりで
ちょっと手こずりました・・・。


1つ下(↓)の記事を書くときまで
ブログを更新するたび思っていたことがあります。
それは、
「去年の今日はらんまると一緒にいたんだよなぁ…」って。


そんなこと思っても仕方がないんだけどね。
でも、そんな未練の思いで
ブログを更新していたのはほんとの気持ち。



acolog


そんな気持ちも今年に入ってから変わってきて
その日に近づいていくことを受け入れがたく思う気持ちと、
その日を迎えれば少しは気持ちが変わるのだろうか…と思う気持ちとが
混在するようになっていました。


当日ブログは更新しなかったけれど
先月4月22日は、らんまるの一周忌でした。


収納に置かれたらんまるが使っていたアイテムあれこれ
そのどれもが、主を失ってから1年になるなんて、
やっぱりまだちょっと受け入れられないんだけど、
でも、これまでブログを更新するたび思っていた「去年の今日作戦」は、
この日を境にもう使えなくなってしまいました。

多分、そうなることが分かっていて
この作戦を使っていたんだけど。







じつは今、わが家には新たな動物家族がいます。


また動物と暮らすことに迷いや不安な気持ちも大きかったけど、
共に暮らし始めたまだ小さくてあどけない彼の姿を見ていると
自然と笑顔になって、止まっていた時間がゆっくり動き始めたように思います。


ここに新たな家族のことを書くつもりはないし
らんまるのこともまだちゃんと書いていないのに
中途半端だなって思う気持ちもあるけど
このブログを見守ってくださる方にはやっぱりお伝えしたいなぁと思って
ご報告だけさせていただきました。


acolog


らんまると過ごした幸せな時間を
今に重ねてしまうこともあるし
小さな彼に向かって
「らんまる」の名を呼んでしまうこともあるんだけど
(これはほんとゴメン…って思う)
でも、彼がわが家に来てくれたことで
今まで書けずにいたことにも向き合えるような気がします。


acolog


ひとまず、近況報告でした。

| memories photo | 23:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

運命の赤い糸


(撮影:2014.3.23)


acolog





いつも同じように感じても

同じ時間が二度巡ることはないから

何気ない日常だって今という特別な瞬間。



らんまるがいたから写真に出会えた。

らんまるにカメラを向けることで毎日が特別になった。

それを学ぶために、らんまるとの出会いがあったのかな。




3月22日  11度目の月命日に寄せて





| memories photo | 20:32 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

耳・ミミ・みみ


(撮影:2016.3.19)


acolog

一目惚れ即GET!のお気に入りポスター
もちろん、らんまるとのコラボ写真を撮ろうと
意気込んでいたんだけど


acolog

そんなことには少しも興味のないらんまるさん・・(汗)


acolog

すぐ終わるからさ、
なんて一言はうさぎには通用せんのです(トホホ・・)


acolog

・・仕方ない。
こうなったら奥の手を使うしか方法はないか。


acolog

・・・って、
いつものおやつ作戦やないかーい!(笑)
(右側の椅子にあるみどり色のやつ)


acolog

(↑フォトショでおやつ消してみた)
いつもの作戦でも何でも、撮れたらラッキーなのさ☆
記念写真これにて完成!




ちなみにこちらのポスター
スウェーデンアーティスト2人によってつくられたブランド
「MINIWILLA」のもの。

| memories photo | 00:50 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

あの日に学ぶ


(撮影:2005.8.10)


acolog


今から12年以上前に撮った写真

当時何気なく撮ったこの1枚の写真が、
今ではとても懐かしく、そして貴重な1枚となりました。


今はもうタバコを吸わない主人が、当時はまだタバコを吸っていて
その傍らにはらんまるの後ろ姿。
家では、らんまるの近くでタバコを吸うなんてことはなかったんだけど
この時は主人の実家(岩手)にらんまるも連れて(!)帰省していたから、
いつもとは違う光景になっちゃったんだよね。
らんまるは1歳を目前に控えた頃だったから、やんちゃだったなぁ。

そして、のれんの向こうには台所に立つお義母さんの後ろ姿。
この後しばらくしてから体が不自由になってしまったから
台所に立つお義母さんの姿が見れたのもほんの数年のことだったと思う。
そのお義母さんも2009年に他界してしまい、
そしてこの写真の舞台ともなっている主人の実家も、
2011年3月11日に発生した東日本大震災の津波で
跡形も無くなってしまいました。


どこかで当たり前のように思う気持ちがありました。
また来年も同じ風景が私たちを迎えてくれる
ここはいつ来ても変わらないって。
少なくともこの写真を撮った時の私はそう思っていたと思います。


少しずつ少しずつ写真を見返していて、偶然見つけた1枚の写真。
ここに写っているシーンを再現することはもう二度とできないけれど
たった1枚のこの写真を、撮っていて、残していてよかったと心から思う。

今日という日を家族揃って迎えられたことに感謝して。
何気ない日々を、これからも撮り続けたいと思う。


| memories photo | 22:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

隣のらんまるさん


(撮影:2016.3.5)


acolog

さっきまですぐそばにあるイスに座ってたんだけど、
隣でウトウトしはじめたらんまるの写真が
撮りたくて離れてきちゃった。


acolog

起こさないように
そーっとそーっと*



| memories photo | 21:28 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

鏡買ったらとりあえずやるよね。


(撮影:2015.2.26)


acolog

耳レーダーを前方にはりめぐらせて
今の状況を感知しようとするらんまる



acolog

でも・・・
どうしたらいいかちょっと困ってるみたい。



acolog

それはそうだよねぇ・・。
だってらんまるも初めて見るんだもん。



acolog

まさかそこにいるのが自分だなんて・・・ね(笑)



acolog

だれ?
だれ??
だれ?!?



acolog

?マークで頭がいっぱいのらんまる



acolog

まさかこの家に、
自分以外のアイドル(的存在)が出現するなんて!?



acolog

しかもこのライバル、動きまで真似するなんて!!

・・なかなかシブトイお相手のようです(笑)



acolog

新たなライバル出現!?
に戸惑いを隠せないらんまるなのでした♡




| memories photo | 21:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

オリンピックが終わってしまった・・。


(撮影:2014.2.23)


acolog

オリンピック見てましたかー?


acolog

わたくし、夢中でございました(笑)



日頃番組チェックなんてしないのに、
オリンピックが始まってからは、
いつ何の競技があるかチェックしたりして。

前回(4年前)の冬季オリンピックは
どうだったかなー?とブログを振り返って見たら
4年前もかなり夢中になってましたね(笑)

そんな夢中になっていた2018年冬季オリンピックも
今宵ひとまず終わってしまったのね・・


ちなみに前回のオリンピックでは
(自分的に)カーリングがイチオシだったようですが、
(あ、カーリング女子チーム、銅メダルおめでとうございます!)
今回はスピードスケートに心奪われておりました〜〜〜。


小平奈緒選手のアスリート魂にはグッとくるものがあったし、
女子団体パシュートの決勝では、まさに手に汗握る観戦。
一糸乱れぬ隊列で見事オランダに勝利した日本チームは本当に素晴らしくて
リアルタイムで観戦してたんだけど
ゴールした瞬間「やったーーっ!!」と両手をあげて大喜び!
嬉しいやら凄いやらで、その後は涙がぽろぽろと・・

いやぁ本当に感動しました。
高木姉妹はすごかっこよかったなー。
お友達になりたいわーん(笑)


オリンピックアスリートに限ったことではないけど
一生懸命な人の姿って胸打たれるものがありますね。
自分も頑張ろうって素直に思えるし
そう思える人でありたいなって思う(うんうん)。


いやいや、本当に本当に感動をありがとうございましたー!
次はパラリンピック、頑張れ日本!!


acolog

というわけで4年前の今頃
らんまるはどうしていたかと写真を見ていたら
金メダル級の美しい鼻先ハイタッチ姿を見つけちゃいました。

指先に向かってまっすぐ向かう鼻先
バランスよく上手に立ち上がって(しっぽもポイント♪)


acolog

立ち上がった後に体の向きを微調整して
旦那はんに鼻先をちょいちょいちょい・・ってしてもらいます。
完璧かつ美しいこの鼻先ハイタッチは
文句なしで金メダルだわ🥇

らんまるも、かっこかわいいなーーー。



以上、オリンピックにかこつけた
ただの親ばかネタでした!



acolog

↑日課を終えるとさっさとその場を立ち去るらんまる氏



| memories photo | 22:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

書くことで整う気持ち


(撮影:2017.2.12)


acolog





そろそろ、らんまると過ごした最期の2ヶ月間のことを書こうと思って
いざその頃の写真(フォルダ)を見ると
色々考えてしまって、指が止まってしまう。


らんまるはどんなことを思いながら、日々を過ごしていたんだろう。
もうだいぶしんどかっただろうな・・・
そんな事ばかり考えてしまって、なかなか先へ進めないのね。


’’あんまり悲しがって寂しがっていると、
らんまるさんを心配させてしまうから。
早く安心させてあげないと、
らんまるさん生まれ変われないよ。’’


以前、らんまるを失ってメソメソしてる私に
友達が教えてくれたこと。
弱い心が顔を出した時には、この言葉を胸に灯すんだ。


らんまるに心配をかける・・・なんて、そんな風に考えもしなかった。
もちろん、心配をかけるようなことなんてしたくないし、
らんまるには早く生まれ変わってもらいたい!

ただちょっと、らんまるのお世話をしていたときを振り返ると
何がベストだったのかなって
らんまるの望んでいたことは何だったのかなって
ついつい考えてしまうんだよね。

まぁそれをいま考えても迷宮入りしちゃうだけなんだけど・・(苦笑)


ただ、色々考えこんでしまうこんな思いも
最期の瞬間まで立派だったらんまるの姿を思い浮かべると
いつまでもそこに、そこだけにとどまっていちゃいかんなぁと思えるんだよね。


不安や心配事を抱えた気持ちを、らんまるはいつも癒してくれた。
らんまると一緒にいるだけで、らんまるにカメラを向けているだけで、
そんな気持ちはみるみる小さくなって
絡んだ糸がほどけるようにするするとシンプルさを取り戻せたように思う。


でもそれは、
らんまるの姿が見えなくなった途端に終わってしまう
無くなってしまうものだと思っていたけど
そうじゃないんだってことに、これを書いている今
本当の意味でやっと気づき始めたような気がするよ。


姿が見えなくなった今でも
らんまるはちゃんと私のこころにいて、癒し励ましてくれているじゃない。
寂しい気持ちに負けないで
らんまるに心配かけないよう頑張りましょ、私。



2月22日  10度目の月命日に寄せて



| memories photo | 19:11 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

最初で最後の冷え冷えボード選手権


(撮影:2014.2.22)


acolog

さぁいよいよ始まります。

第1回、冷え冷えボード選手権
日本代表らんまるさん。


acolog

おぉっと、らんまる選手!
いきなりナイスな咥え技です。


acolog

パタン・・・

1回目のチャレンジが終了しました。
わずかにボードを押し出すことが出来たか・・・
引き続き2回目のチャレンジへ入ります。


acolog

さぁ運命の2回目
低い体勢から入って・・・


acolog

今度はボードの左側を咥えて
ボードの角度を縦方向に変えることで扱い易くして
そしてうまく押し出した!


acolog

これは、なかなかいい押し出しではないでしょうか!?

まだまだ寒さ厳しい2月、
冷え冷えボードの出番はまだ早いんだと
家族に伝えるには十分な押し出しではないでしょうか!!


acolog

以上、実況中継の練習でした!



オリンピック真っ最中ですから・・・つい(笑)


| memories photo | 09:00 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT