2010年07月 | ARCHIVE-SELECT | 2010年09月

| PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ふふふな毎日**


主人が静かに指差す方へ
何気なくひょいと視線を向けると、

acolog

私の目に
こんな光景が飛び込んできました。

acolog

ソファの脇から見えたのは
思わず'ふふふ'と頬が緩む、らんまるのほわほわアンヨ^^

acolog

特別大きな出来事じゃないけど
毎日はこんな'ふふふ'のつみ重ね^^

らんまるを見ているとそんなふうに思うんです**



にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**

| らんまる(EOS 60D) | 23:20 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

季節のご挨拶


8月も終わりだというのに
まだまだ暑い日が続きますね。

acolog

ぷにぷにほっぺで
残暑お見舞い申し上げます*^^*



・・・て、こう毎日残暑だとさすがにしんどいよぉ^^;

にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**

| らんまる(EOS 60D) | 21:12 | comments:6 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あまのじゃくらんまる


少し前のことなんですが、

ミニチンゲンサイが収穫の時を迎えた頃

acolog

じつはトマトの実も色付いていたんです*^^*

この日を心待ちにしていたから大感激!
最初のひとくちを楽しみにしていたんだけど、

acolog

らんまるがど~しても、
「ソレが食べたい!」って言うから

acolog

「じゃあ、みんなで分けて食べようね♪」
って言ったのに、

acolog

「やっぱり僕、ソレいらない。」だって!


こらっ!

にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**


【リベンジ】

コレ、らんまるの分なのになぁ・・・
ってちょっと残念に思っていたら、

acolog

名残惜しそうにトマトを見るらんまる。

らんまるは、トマト初めてだけど、

acolog

美味しいから食べてごらん^^

ってもう一度チャレンジしたら・・・

acolog

やっぱりいらないんだって^^;

| らんまる(EOS 60D) | 23:45 | comments:22 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

acoごと(夏休みの思い出・白馬八方尾根-後編-)


acoごと(夏休みの思い出・白馬八方尾根-前編-) より続き

前編では、八方尾根で撮ったいくつかの写真と、
富士登山惨敗という何とも恥ずかしくもニガイ思い出話をさせて頂きましたが^^;
後編では、(ようやっと)初めてのトレッキング体験の模様をお届けします。

acolog

天候にはまずまず恵まれたこの日でしたが、
雲に覆われると辺りは一変。

acolog

それまで見渡していた景色を一瞬で覆い隠してしまいます。

ちょっと・・・怖い感じ。

acolog

いくつかある休憩地点にあった案内板には
'この辺りは8月初旬頃まで残雪が残ります'と記されていましたが、
今年の猛暑に、その名残すら感じられません^^;

整備された道しるべのおかげで
散策気分で歩んでいた道のりも、

acolog

いつしかゴロゴロとした石道が現れ、
1歩1歩が確実な歩みに変わります。

acolog

しばらく歩んでは後ろを振り返り、
あんな所を歩いてきたんだ~っと感心してみたり^^


ふぅ・・・っ

充足感まじりのひと息が漏れます。

acolog

そして・・・

今回の最終目的地である
標高2,060m地点。

acolog

ここにある八方池が
今回私たちがを目指して歩んできたところ**

acolog

無事に目的地到達です*^^*


acolog

ここ八方池は、
雪が押し流した土砂が蓄積して出来た池だとか。


acolog

風のない日には水面に美しい白馬連峰が写るそうで、
この水面に写る神秘的な景色を求めて
ここを訪れる方も多いようです^^

acolog

もちろん私たちも、
出来ることならその美しい光景を目にしたいと思っていたのですが、

acolog

この日の空には大きな大きな夏雲が広がっていて、
そしてその雲は、雄大な白馬連峰の山々さえ覆い囲んでしまうほど立派なもので!

上昇する体感温度を和らげる夏風は、
神秘的な光景を目にするには少々強すぎたよう。
風がやんだわずかな瞬間に、それと思われる光景を目に出来る程度でした。

acolog

とはいえ、個人的にはここまで来れただけで大満足^^

心地良い疲れと質のいい汗に、
勘違いも甚だしいのですが、富士登山リベンジを果たしたかのような
達成感さえ味わっていました(笑)

空に広がる夏雲も、頬をかすめる夏風も、
そのどれもが心地良いものと感じました^^

acolog

けがれない自然環境の中で
植物は穏やかに

acolog

クロサンショウウオの赤ちゃんも
元気に泳いでいました^^

acolog

すごいなぁ^^


キレイだなぁ^^

acolog

気持ちが同じ言葉を何度も何度も連呼して、
ほかの言葉が出てきません。

acolog

初めてのトレッキング体験。
白馬八方尾根は、優しくて清々しいところでした**


そういえば・・・

acolog

下りのリフトから見る山々もとにかく雄大で、
ぽっかり浮かんだ雲の影さえ穏やかに写し出していたっけ。

ひと汗かいたあとのソフトクリームは
いつにも増して美味しかったなぁ*^^*



というわけで、登山には挫折したけど、トレッキング大満足の私は
某テレビ番組に出演されている'珍獣ハンター イモトさん'の
モンブラン登頂、果てはエベレスト登頂を、真面目に応援してます(笑)


にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**


【もう1枚の八方池】

私が、空とか雲とか、
クロサンショウウオの赤ちゃんに夢中(!)になっている間に
どうやらその一瞬は訪れて・・・

acolog

その向こうにまで広がる白馬連峰の山々・・・とまではいかなかったけど、
そんな気分が味わえる1枚!
(photo by 主人)

| acoごと | 23:40 | comments:15 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

あぐら


acolog

かいてる?(笑)



何となくそんなふうに見えたので^^;

にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**

| らんまる(EOS 60D) | 01:15 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

acoごと(夏休みの思い出・白馬八方尾根-前編-)


*はじめに*

この夏に撮った写真が少々たまってしまいました。
なるべくリアルタイムでアップしたかったのですがそうもいかず^^;
日付も前後しますが、のんびりアップしようと考えておりますので、
宜しければお付き合い下さい。


◇◆◇


短い夏休みの思い出に、
雄大な景色望む
信州白馬八方尾根にトレッキングに行ってきました^^

acolog

ここは1998年に開催された
長野オリンピックの競技会場としても有名なところ^^


初めてのトレッキング写真。
写真もなかなかの枚数になってしまったので、
ゆっくりお付き合い頂ければ幸いです^^


高速を降りるとさっそくカメラを手に助手席でスタンバイ

acolog

雲が多いながらこの日はまずまずの青空。
のどかな景色に心癒されます^^


acolog

八方尾根の麓までやってきました。
ここからリフトを2本乗り継いで、そこからトレッキングスタートです^^

acolog

ウィンタースポーツを愛する者としては、
「リフト=冬」
っていうイメージがあるせいか、夏に乗るリフトはとても新鮮^^

acolog

ぐんぐん登るリスト。

途中雲に覆われると、
少し先の視界も霞んでちょっと幻想的に見えたりします。

acolog

リフトを降りると眼下に広がる町並み。

ここから目的地である標高2,060m地点まで
片道90分の道のりをゆっくり登ることにします^^

acolog

ちなみに標高2,060m地点より先は
本格的な登山装備が必要となるようですが、
ここまでだったら、比較的軽装でも登れるそうです^^

私たちも長袖シャツに雨具など、それなりの装備はしながらも、
ジーンズに半袖といった軽装でスタートしました。

acolog

登山となるとちょっとハードルが高いけど、
トレッキングなら大丈夫かな・・・

そんな不安な気持ちもありつつやってきた今回のトレッキング。

acolog

じつは主人たっての希望から実現の運びとなったのですが、
私としては行っても行かなくてもどちらでも・・・
という具合にちょっと投げやりな気持ちでした^^;

というのも登山というものにちょっと苦い思い出があったのです(汗)

acolog

数年前の夏、日本人なら一生に一度は登ってみるべし!ということで、
主人と富士登山にチャレンジしたことがあったのですが、
頂上を目指すにつれ、高山病とおぼしき症状に陥り
8合目を過ぎたあたりでとうとう限界。

加えて追い討ちをかけるかのような寒さに、
あえなく途中下山したという何とも苦い思い出があるんです^^;

acolog

登っているときはまだいいのですが、下山がとにかく辛かった(><)
疲労困憊の上に足元も悪く、
真っ暗な道なき道をただただひたすらに下る・・・

acolog

星が近くて北斗七星がとってもキレイだったけど、
下山する頃の私に星を見る余裕なんてあるはずもなく^^;

体力の限界に加え、生命の危機すら感じた出来事だったのです(汗)

acolog

大袈裟ではなく、それほど富士登山は過酷なものなので、
登られる際は事前準備は元より、
万全な体調で挑戦されることをお勧めします(汗)
(登頂してないからお勧めするに値しないけど^^;)

acolog

そんな苦い思い出話をしているうちに
目的地である標高2,060mが近づいてきました^^

じつはこの標高2,060mの場所に、
今回目的としている被写体が待っているんです^^


その模様はまた次回♪

***

というわけで2回にわけてお届けします。
体感しているそのままを写真でお伝えするには、
なかなか難しいと感じる写真ばかりなのですが^^;
冒頭でお話した通りゆっくりお付き頂ければ幸いです^^

にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**

| acoごと | 02:40 | comments:18 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

うさぎ・・・?


あれ・・・?

acolog

らんまる、
もう片方のお耳どうしたの!?^^;


垂らすなら、後ろじゃなくて、
ロップらしく横に垂らして欲しいなぁ^^;

にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**

| らんまる(EOS 60D) | 00:57 | comments:14 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

進捗状況


ブログ更新のためパソコンに向かっていた私。

睡魔と闘いながらの更新は
ウダウダとなんとも効率が悪く^^;

acolog

ほんの少し席を立ったその場所に
気付くとふらりとやってきたらんまるが腰を下ろしていました。


acolog

ここ数日アップしてなかったから
らんまるも進捗状況が気になるのかな^^;


***

夏休み明けの出勤で体力が持ちません^^;
アップしたいこと、たくさんあるのになぁ~(泣)

にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**

| らんまる(EOS 60D) | 23:15 | comments:10 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

チンゲンサイ奉行


ベランダ菜園のミニチンゲンサイが

acolog

ついに収穫の時を迎えました^^

acolog

上から見るとプランターが見えないほど!

acolog

なんとなく'もったいな~い'気持ちになりながら(笑)
1つ1つ丁寧に収穫させて頂きます^^

acolog

ミニチンゲンサイながら、
一房でこのくらいの大きさなら十分^^

acolog

第1弾の時より
色も葉の付きもしっかりしているように思います^^


さてさて・・・

acolog

チンゲンサイのことにはちょっとうるさい(笑)
鍋奉行ならぬ、
チンゲンサイ奉行のらんまるの反応はどうかな~?^^


なんてワクワクを楽しむ瞬間もなく・・・

acolog

見つけた瞬間に「あむっ」ときました^^;

この感じ、先日のうさぎとゆかいな仲間たち
サスたんと飼い主さんの楽しいやりとりを思い出しちゃうなぁ(笑)

acolog

あまりのがっつきに
お顔が見えなくなってます^^;

acolog

そしてあまりのがっつきようにお鼻もふごふご
ゴン太くんみたい(笑)

acolog

チンゲンサイ奉行らんまるのお墨付きも頂いたことだし、
自家製ミニチンゲンサイ第2弾は大成功^^

acolog

また種まきからスタートだね、らんまる^^



というわけで、帰省から戻りらんまるともちょっとぶりに再会^^
今日からまたacologをヨロシクお願いします♪


にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**


【おまけ】

あんまりがっつくものだから
息つぎするにも必死

acolog

写真もブレブレです^^;

| らんまる(EOS 60D) | 18:27 | comments:24 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

恋しい気持ち


お盆休みのため、主人の実家へ帰省しています。
らんまるとは少しの間離れ離れ・・・

acolog

出発の日に撮ったらんまるの写真を見ながら、
いま私の実家で過ごしているらんまるを想っています。


ほわほわほっぺ恋しいな*^^*


にほんブログ村  人気ブログランキング
応援ありがとうございます**

| らんまる(EOS 60D) | 01:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT