2017年03月 | ARCHIVE-SELECT | 2017年05月

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

【ご報告】



ブログを始めた時から、いつかこういうご報告をしなければいけない

日が来ることはわかっていました。

そして、その日が近づいていることもなんとなく感じていました。



acolog


2017年4月22日(土) 午前6:45

らんまるは、私と主人が支える手の中で旅立って行きました。

12歳7ヶ月でした。





先週末の検診でひとまずの状況からは脱せたような

そんな安堵はありました。

全身の筋力が低下していて体はふにゃふにゃだったけど

らんまるの食欲は順調に回復していて

4月20日 木曜日の朝はいつも以上に野菜を食べてくれました。


同日、仕事から帰宅すると、出てはいましたが

いつもよりうんちの量が少なかったので、おや?と思いました。

おやつは口にするものの、なんとなく食欲もない様子だったので

朝の野菜がまだ残っていてお腹が空いていないのかもしれない…と

シリンジでお水をちょこちょこと飲んでもらいました。



・・・また木曜日の夜だ。

先々週、おかしいな?と思った時も木曜日の夜でしたから嫌な気持ちになりました。



翌日(4月21日)金曜日の朝、やはり食欲がなく、どうにかお水だけでも飲んでもらおうと

シリンジを口元に運んでいました。

促すと口をシリンジに向けてくれる様子もあったから

野菜はゆっくり自分のペースで横になったまま食べてくれればいいと思いました。

食べようと口にはするけれど、食べることそのものに疲れてしまって

途中で眠ってしまうような、そんな状態でした。


同日、仕事から帰宅すると、やはりうんちが出ていませんでした。

野菜を食べようとしたのか

でも途中で疲れてしまったのか、咥えたままの状態でいました。

掛かりつけの病院へ連絡し相談しました。

硬くなったものがお腹の中で動くとき痛みを伴うことがあるから

痛み止めをあげること(あらかじめ処方されていた)

水分を積極的に摂ること、点滴も引き続きしてよいこと

体を温めること等アドバイス頂きました。


早速まずは水分を摂ってもらおうと

お水が入ったシリンジを口元に運んだけど飲もうとせず、

おやつにも興味がないようでした。

どうにかしなければと、りんごとちんげん菜とパセリとサラダ菜で

野菜ジュースを作ってシリンジに入れ口元に運んだところ

だらだらとこぼしながらもよく飲んでくれました。

りんごの甘い香りに少しは気分も良くなっただろうかと私も嬉しかったです。


主人が帰宅してからいつものように点滴をし、お灸もしました。

これで明日、うんちがどっさり出てくれることを期待して

私も主人もらんまるの側で眠りました。



翌朝4月22日、さぁどうだろうかとらんまるのお尻を見たところ

うんちの量はわずかでした。

お世話しようと主人がらんまるを抱き上げた時

らんまるは小さく鳴きました。

夜の間にしたおしっこが足にかかって濡れていたので

主人が抱き上げている時に私がらんまるの足を拭きました。

その時足先を触ると、らんまるは足指を広げて応えてくれました。

(いつもそうやって感覚を確認していたのです。)


お水をあげようとらんまるを横たわらせると、

何やら口をくちゃくちゃと開け閉めしています。

前日に口にした乳酸菌サプリが食べきれずに残っているのだろうかと

二人で抱き支え、口元をのぞいても口の中の様子までしっかり見ることは出来ず

お水の入ったシリンジを口元に運んだけれど、それも反応なし。

野菜ジュースを用意していたから

それも口元に運んだけれど、それも興味がないようでした。


その間くちゃくちゃと口を動かしていたらんまる

そして、突然に呼吸が乱れたと思ったら手を少しバタバタさせました。

私も主人もそれがどんなサインであるか瞬間的に分かっていました。

らんまる!らんまる!!

二人で名前を呼び続けました。

声を大きくしてらんまるの名前を呼び続けましたが

らんまるの胸にあった私の手は、らんまるの鼓動が確実に小さくなって

そして消えてゆくのを感じました。


もともと自力では自分の体を支えられませんでしたから

らんまるの様子は一見変わることなく、ただただ手の中にありました。

ですが、こちらの呼びかけには、もう応じてはくれませんでした。

らんまるが口を動かし始めてからのことは

時間にすると、ごくわずかなことだったように思います。




最期の最期までほんとによく頑張ってくれました。

もしかしたら、らんまるの時間は既に終わりを迎えていたのかもしれないけれど

朝まで体力を温存して、私たちがお世話を始める時間まで

待っていてくれたのだろうか…そんなふうにも思います。


私はうさぎとの暮らしはそれなりに長いのですが

先代・先々代と病院で旅立ち、看取ることが出来ませんでした。

だからここ最近は、いつかのその日はどんな形で訪れるのだろうかと

毎日不安と怖さでいっぱいでした。


ひとりで逝ってしまわないで。


元気になることを願ってお世話している反面、私のもう一つの願いでもありました。

そんな私の願いをしっかりときき入れてくれたらんまる。


寂しくて寂しくて

涙は溢れてくるばかりだけど、らんまるの最後が本当に立派だったから

私もしっかりしなければいけないんだ、とも思うのです。


らんまるのことが大好きで、

本当に大好きで、

お世話している時には、私の残りの寿命を半分こして

これからも一緒に生きていこうと思っていました。


かわいいらんまる…

昨日は1日ずっとらんまるの側で、その姿を眺めて声をかけながら撫でながら過ごしていました。

今にも動き出しそうなほど変わらぬ姿で

ただ横になって眠っているだけのようにも見えます。

そんな愛くるしい姿とも今日でお別れ

らんまるに触れることが、特別で当たり前の毎日でしたから

今こうしてこれを書いていて

この先の気持ちを考えることはしないようにします。



ほんの2ヶ月前までは多少の心配事はありながらも

これまでと変わらない暮らしをしていました。

ですが3月4月と、この2ヶ月足らずの時間は

それがもっと以前から続いていたかのような、とても濃い時間だったように思います。


この間、らんまるが私たちに教えてくれた事はたくさんありました。

今は辛く寂しい限りなのですが、

同じような環境で頑張っているうさぎさんやそのご家族のためにも

そして何より私自身の気持ちの整理をつけるためにも

思い出しながら書き残していかなければと思っています。


今日までエールを送って見守ってくださったみなさん

本当にどうもありがとうございました。



acolog


らんまる、本当に本当に大好き。

これからも、ずっとずっと大好きだよ。

2017年4月



| らんまる高齢期・シニアケア | 09:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

ひとまず1週間、そしてまた1週間。


acolog

先週から引き続きで、土曜日は検診と7回目の鍼灸でした。



1週間自宅で皮下点滴をしながら
胃腸の動きをよくするお薬(プリンペラン)を1日3回と
漢方(院長先生配合のもの)を1日2回続けています。

食欲は回復傾向にあって野菜はよく食べるようになりました。
水分も摂ってもらうように意識して、ちょこちょことシリンジを口元に運んでいました。
うんちも出るようになってきました。
いびつで硬いうんちにゼリー状のものがまだ混じっていたりもするけれど
本来の丸い形のものや盲腸糞(もうちょうふん)も出るようになってきました。
(この辺のことはまた今度書きます)

先週から1週間、少しでも良くなっていて欲しい
少しでもお腹の中の硬いものが排出されていて欲しいと思いながら過ごしていました。

診察室に入り、この1週間の状況を先生にお話しました。
らんまるのお腹に手を置き、触診を始めた先生。
そして驚きながらひとこと「・・・お腹が柔らかくなってる!」

先生方が度々口にしている硬いものは
残念ながらまだお腹の中に残っているみたいなんだけど、
それでもその硬さや大きさは先週よりも変化していると言います。
カチコチだったお腹が柔らかくなってきていて
確実にコンディションは上がっているとのことでした。

先生も驚いていました。
ここまでカチコチなものがどうやって変化していくだろうか(いけるのだろうか)と
じつは先生方も心配してくださっていたようでした。
「お腹、もう一回触ってもいい?」
微笑みながら、らんまるのお腹に何度も触れて確認して
そして、らんまるの生命力(と家族の思い)に感動してくれました。

今の状態をもう少し続けて行きましょうということで、
また1週間、自宅で皮下点滴&漢方、プリンペランも引き続きで
野菜も水も今は食べるだけ、飲むだけあげてよいとのことでした。

「また1週間、頑張りどころです。お疲れかもしれませんが・・・」

先生から労いの一言を頂いたのですが、
いいえ疲れだなんて、
今日の検診でまた新たなパワーを頂きました。

らんまるを見ていて良くなってきていると信じていたけれど
先生の一言ってやっぱり大きい。改めて少しほっとしました。
ほっとしたらお腹も空いて眠くもなって・・・
久しぶりにランチビールなんぞしちゃったよ(笑)
とはいえ、うさぎは体調が急変しやすいから油断しないようにしよう。



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ  人気ブログランキングへ

1クリックがポイントになります。


(備忘録)
お腹の検診の前に鍼灸でした。
鍼灸は院長先生にご担当頂いたんだけど、その際右目の眼振(横揺れ)にふれ
人でいうめまいのような状態にあるとのことでした。
気分が悪かったりしないか、斜頸(しゃけい)になっているのではないか・・・
こちらとしては気掛かりなところですが、
もしそうであったとしても、年齢的に処置は出来ないのかな…とも思っています。
気分が悪くなって食欲が低下しても、
その状態に体が順応してくると食欲も上がってくると言います。
そう思うとらんまるの食欲は回復傾向にあるわけだから、
それでヨシとするべきかと思います。
良くも悪くも白内障で目はあまり見えていないでしょうから
体への影響が少しでも小さいことを祈ります。

| らんまる高齢期・シニアケア | 15:25 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

回復傾向です。


acolog

日曜日よりも月曜日、月曜日よりも火曜日・・・
といった具合に少しずつですが
らんまるの食欲と元気(顔色?)が回復しているように感じます。

うさぎらしからぬイビツで硬いうんちが毎日少しずつ出ていて
触診の際に先生が度々口にしている’お腹の中の硬いもの’が
少しずつですが排出されているのではないかと期待しています。


acolog

詳しくはまた時間を作って書きたいと思っていますが、
月曜日から6日間、自宅で皮下点滴をしています。

週末はまた検診に行くことになっているので
少しでも良い方向へ向かっていることを祈りながら
1日1日をしっかりと過ごして、
その結果が明日に繋がっていると信じています。



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ  人気ブログランキングへ

1クリックがポイントになります。

| らんまる高齢期・シニアケア | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

一週間後検診とその後


acolog

今日は6回目の鍼灸と検診でした。
本来は鍼灸だけで予約をしていたのですが、
先週の検診の結果から、引き続き今週も検診して頂くことになっていました。

正直なところ
らんまるの調子はあまり良い状態にはありません。


acolog

先週の検診で処方して頂いた
胃腸の動きをよくするお薬(甘いシロップ、1日3回)のおかげもあって、
週の半ばまでは食欲も少し回復傾向にあって(まだまだ少ないながらも)
元気も出てきたように思っていたのですが、
木曜日の夜から少し「ん?」と感じ始め
金曜日の朝からは、野菜も、少しのペレットも
水でさえも受け付けてくれなくなってしまいました。


acolog

そんな状態だったから金曜日は気が気じゃなく
仕事から帰宅してすぐに野菜やペレットを差し出すものの全く食べようとしない・・・
日中もほとんど動かず(けず)にいたから、
胃腸の動きも良くなっていないだろうと思いました。

唯一の救いは1日3回シリンジで与える胃腸のお薬(甘いシロップ)だけは
口にしてくれたから、そのシリンジを使ってお水だけでも飲んでもらおうと
様子をみながら口もとにちょこちょこシリンジを運んでいました。
ですが良い状態に戻りつつあった糞もピタリと出なくなってしまいました。
それから、これはもしかしたら以前からあらわれていたのかもしれないけど
右目が少しだけ横に眼振しているようでした。


acolog

今日の検診でそれらを伝え、すぐに触診してもらったところ
前回の検診の時に感じていた硬いものは胃の辺りからはなくなっていたんだけど
今度は盲腸のあたりに硬いものがあるようでした。

とにかくそれが出てくれないと心配は増すばかりですが
高齢ゆえに押し出す力、パワーそのものが低下しているということ
内容物がかなり硬い状態にあることもあって、検診を担当してくださる先生と
鍼灸を担当してくださる院長先生と相談して
鍼灸で体を温めること、大腸を刺激すること、
痛み止めのお薬(液体、様子を見ながら1日1回)と、
院長先生配合の漢方(体を温める、腸の動きを良くする、元気が出る、1日2~3回)を
自宅用に用意して頂き、食べ物や水分をあまり摂取できていないということで
(体重も1.96キロと先週からまた減少してしまった)
皮下点滴で栄養を入れて頂きました。
右目の眼振はまずは体調が良くないことによるあらわれとして
神経の症状までには至っていないでしょうとのことでした。

ただ引き続き心配な状態にあるということで先生からは
場合によっては明日もいらしてくださいと言われています。

エアコンで温度管理をしていても
床暖をつけて暖かい環境にしていても
今のらんまるは体の中の熱を上げる(維持する)ことが難しくなっているようで
鍼灸の時にはやはり気持ち良さそうにしていました。
それでも、胃腸の動きが良くないこともあってか
週を重ねるごとに少しずつ弱っているようにも見え
週末を迎えるたびにらんまるの体は変化しています。

今はもうほとんど寝たきりの状態で
私たちが手を差し伸べない限り、自力で動くことは出来ません。

高齢だから、もうこの年齢だから、
結局のところはここに話が行き着いてしまうのですが
でも、でもね・・・。

確かにらんまるは12歳を超えていて
うさぎ年齢ではもうすっかりおじいちゃんなのかもしれないけど
でも私には、らんまるが12歳のおじいちゃんとはとても思えないの。

らん君、らん君・・・
毎日呼びかけながらお世話にしている今がとても愛しい。

野菜もペレットも何も受け付けてくれなくなった時には
心の底から焦りを感じたし、
主人は私のために覚悟したほうがいいと言ってくれたんだけど
甘いシロップのお薬を差し出した時の反応(口をシリンジに近づけてくる)をみて
らんまるにはまだ自分の意志がある、と思った。

一緒にいたいと願う私の思いが、らんまるを困らせているのかもしれないと
苦しく感じることもあるけれど、らんまるに意志を感じた限り私は諦めないと決めたの。


acolog

病院から帰宅したらね、少しだけどらんまるが自発的に野菜を食べてくれた!
痛み止めのお薬と漢方もどうにか飲んで(舐めて)もらえた。
大好きな甘いシロップのお薬も飲んで
帰宅してからは一定の間隔をあけて少しずつシリンジでお水をあげています。

最近ではすっかりらんまるのそば(ソファやラグの上)で
寝ることが多くなって(寝室に行けばいいんだけど、何となくそうしたいだけ)
変な寝汗もかいちゃってたりするんだけど、けど今は、
らんまるのストレスにならない程度に精一杯お世話したいと思ってます。

なかなか明るいお話が書けなくなってしまって・・・ごめんね。


(書きたいことあれこれ備忘録)
・バスマット「SUSU」のこと
・トイレのこと
・お尻洗いのこと
・丸いサークルのこと
・転倒防止(抱き枕)のこと
・ペレットのこと
・乳酸菌(サプリ関係)のこと
・盲腸糞のこと
・強制給仕のこと
・マッサージのこと
・棒灸のこと
・背骨(レントゲン結果より)のこと
・病院で処方していただいたお薬・漢方のこと
・介護マットのこと



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ  人気ブログランキングへ

1クリックがポイントになります。

| らんまる高齢期・シニアケア | 23:58 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

≫ EDIT

検診でわかったこと


acolog
(2017/4/2 検診&爪切り、5回目の鍼灸治療にて)


随分ご無沙汰してしまったような気がします。

3月という月日は毎日が試行錯誤の連続で
時々刻々と変化してゆくらんまるの体に
その場その場で対処していくことに必死でした。

とても長く感じたし
もう少しだけ待ってほしいと思うくらい日々は過ぎて行きました。

色々書きたいこと(書いておきたいこと)はあるのですが、
書くことを整理しているうちにまた新たなことが起こって
とにかくその繰り返しで…じっくり取り組みたくても
らんまるの体は私たちを待ってはくれません。


acolog

鍼灸治療で一定の効果は認められるものの
今のらんまるは自力で起き上がることは難しい状態にあります。
腕の力で上半身は起こせても腰に力が入りません。


acolog

それでもサポートしてあげれば
起き上がってご飯を食べることは出来るから
これは鍼灸治療の賜物と思っています。
ヨロヨロしながらでも自分の筋力を使って動くことが何よりだから。


今日は鍼灸の前に通常の検診と爪切りをお願いしました。
体重は2.06キロ
1月末の検診時に2.25キロあった体重ですが、
2.25 →2.18 →2.10 →2.06
…と、少しずつ減少しています。

最近は食べる量が減っているので体重減少は一番の懸念事項なのですが、
今日の検診で新たな心配事が見つかりました。

触診の際にお腹のあたりが硬かったらしく、レントゲンを撮ることになりました。
結果は胃の内容物が消化されず溜まっている状態にあって
胃が肥大しているということでした。

胃腸の動きをよくするお薬を日に3回、シリンジで与えることになりました。
食べなれないものは頑として口にしないらんまるのこと
どうやって口にしてもらおうかと悩みましたが
お薬は甘めのシロップと聞いて少し安堵、
初回からシリンジに噛み付くくらいの勢いで舐めてくれて
らんまる美味しかったねー!と撫でまくりつつ、心の中ではガッツポーズ。

溜まったものが出てくれないとご飯もしっかり食べれないから
このお薬を飲むことで胃腸の動きが良くなって
また食事が摂れるようになって体重が戻ってくれるといいんだけど…。


acolog

日中はスマカメでちょこちょこらんまるの様子を見守る日々
仕事で半日家を空けている間にも
らんまるの体内時計はどんどんと進んでいってしまう。
時間は皆に平等というけれど、彼らの時間は私たちの何倍ものスピードで過ぎている。
出来ることならそばにいて、ほんの少しでもサポートしてあげたい。
仕方のないこととはいえ、もどかしい毎日です。



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ  人気ブログランキングへ

1クリックがポイントになります。

| らんまる高齢期・シニアケア | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |