PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

どっこいしょー!どっこいしょー!


8月上旬の東北は各地でお祭りが開催されていて
国内のみならず、海外からも東北夏祭りツアーが組まれ
大勢の観光客で賑わうとか。

そんな東北の夏祭りを私も初めて体感してきました。

acolog


8月6日、宿泊先の岩手から車を走らせ


acolog

やってきたのは秋田県!
東北三大祭りの1つ、秋田竿燈まつりを見に来ました。


秋田竿燈まつりは五穀豊穣を願って
江戸時代から続いている秋田の伝統的なお祭り

十字に組んだ竹竿にたくさんの提灯を吊るし、
最大重量50キロにもなる竿燈をバランスを取りながら肩や額・腰などを使って
差し手がひとりで担ぎ上げるという「技」を披露するお祭りなんだそう。

辺りが暗くなり始めた18:50


acolog

入場の掛け声と共に町内や各社企業、小学校など合計74の竿燈会が
過去最多279本の竿燈を次々と運び込んできます。
(あとで知ったんだけど、ここの通り竿燈大通りっていうの!)


acolog

子ども用の竿燈の提灯は大人用より一回り小さいサイズだけど、
大人用の竿燈が予想していたよりも大きくてビックリ!

これを一人で担ぎ上げるって・・・どうやって!?


acolog

すべての竿燈が入場を終えると
大通りは竿燈と差し手さんで溢れ

acolog

どっこいしょー!どっこしょー!の掛け声と共に
各団体の竿燈が頭上高く掲げられていきます。


acolog

ピーヒャラピーヒャラ、ドンドンドン!
おはやしの笛の音や太鼓の音が一気にお祭りモードを加速させます。


acolog

どっこいしょー!どっこいしょー!
大通り一面が黄金色に染まり
観衆も一緒に声を出してみんなでお祭りを盛り上げます。


acolog

4日間あったお祭りのスケジュールも、この日が最終日。
大会実行委員のアナウンスで冗談まじりに差し手さんにも疲れの色がでて…
なんて話もあったけど、なんのなんの、すごい迫力です。


acolog

あ、あの少年・・・


acolog

お見事!

竿燈まつりは提灯の美しさもさることながら
差し手さんひとりひとりのバランス感覚や技も見所の1つ


acolog

ベテランの差し手さんになると、難易度の高い腰で竿燈を持って
扇子を仰いだり番傘を舞いながら技を披露してくれるんだけど、
これほんとにスゴイ、一見の価値ありです!

どっこいしょー!どっこいしょー!の掛け声で声援を贈ります。
お祭りの掛け声って、自分もお祭りに参加してるっていう一体感が感じられて楽しい♩


acolog

じつは、秋田竿燈まつりの他にも岩手の盛岡さんさ踊り、
仙台の七夕祭りと、東北を代表するお祭りを巡ってきました。

スケールの大きさといい、それを成す人の躍動感といい、
もうもうすっかり夏祭りのトリコ(笑)


盛岡さんさ踊りも仙台七夕祭りもフィルムで撮ったから
仕上がりが気になるところですが…ぶっちゃけ、かなり難しかった(汗)
1枚でもそれらしい写真が撮れてくれてたらいいんだけど。

だってまさか盛岡さんさ踊りがあんなにすごいなんて・・・!
(と、これはまた別のお話。)





ブログランキング参加中

にほんブログ村 写真ブログへ
にほんブログ村

写真日記 ブログランキングへ
バナー1クリックがポイントになります。



| お出かけ | 00:30 | comments:4 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: 3383jijiさんへ

お祭りの写真って難しいですねー!
もっとこの場のエネルギーを写真で伝えられたらいいのにと思うけど、どっこいしょー!と楽しんでまいりました(^^)
個人的には盛岡のさんんさ踊り最高でしたよ♩
3383jijiさんも是非来年は!ちなみに私は来年も東北夏祭りに出掛ける気満々です(笑)

| aco | 2015/08/14 22:18 | URL |

Re: はまぴーさんへ

私は夏祭りものものあまり経験がないので、本当にいい体験が出来ました。
東北だけでなく、全国の夏祭りを回りたいくらい!(笑)
大袈裟かもしれないけど、でもそれくらい素晴らしいものを見てきました♩

| aco | 2015/08/14 22:07 | URL |

迫力ある写真ありがとうございます。
東北人でありながら東北の夏祭りを見た事が無いという。
情けなか〜
来年からは、ビシバシ出かけます!
acoさんにとっては、素晴らしい夏休みになりましたね。

| 3383jiji | 2015/08/13 11:10 | URL | ≫ EDIT

夏が短い地方の祭りって、ものすごく盛り上がるような気がします!!
寒い冬に備えるために気合を入れる。
前年の長い冬を耐えたご褒美。
そんな意味合いがあるのでしょうか^^

| はまぴー | 2015/08/13 04:43 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acolog0519.blog85.fc2.com/tb.php/1315-4c1b0a73

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT