PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

リフォームのすすめ


acolog

昨年、らんまるが11歳になったことを機に
らんまるケージを新調したんだけど


acolog

うさぎ用と謳われるアイテムでは求めている条件(=広さとバリアフリー)に
合うものがなかったから、わんこ用ケージに床(すのこ)をDIYして使っています。
でも最近お尻まわりの汚れが気になるようになってきたから
もしかしてすのこの影響もあるかも?(木の幅が広くて、隙間が狭い)
…ということで、思い切ってプチリフォーム!


acolog

我が家のケージサイズよりも大きな
うさぎ用のケージで使われているすのこを買ってきて


acolog

我が家のケージの床サイズにカットカット!
カットしたところは軽くヤスリがけして毛羽立ちを無くしましょ。


acolog

すのこの下には新聞紙と汚れが落ちた時のためにシートを敷いて。
これまでは1枚床のすのこだったけど、今度はセパレートできるから
お掃除面でもやり易い!(というのは主人の後日談)


acolog

ボックスに牧草を入れて、さぁ完成間近!
ボックスの下にはトイレ用受け皿と汚れを吸収する砂が入っていて、
それを園芸用のビニールタイ(緑色のネジれるタイプ)で留めています。
砂やビニールタイが見えないように牧草で目隠し、牧草はらんまるの注意を逸らす役割もあるの。
これしないと何かしらやらかす(ような気がする)のよ、らんまるは…。

ちなみに、もともとロングサイズの牧草を好んでいる我が家ですが
愛食している牧草が最近さらにロングになってきた(!)ので、少しカットを入れて。


acolog

プチリフォーム、完成!


acolog

バリアフリーな出入口。
これにしてからケージへの出入りのストレスも随分軽減して、
らんまるの足への負担も少なくなったように思います。
おかげであっちにこっちに走り回って、またソファにもジャンプできるほどに。

うさぎは跳ねる動物だからって、ケージの出入口の高さが高めのものが多いの。
でも、高齢になった動物家族との暮しには、
やっぱりバリアフリーな環境づくりが必要だと思うな。


acolog

さぁらんまる、プチリフォームしたお家ですよ!


acolog

・・・(変化を確認中)・・・


acolog

・・・確認完了しました(笑)。


acolog

言葉で会話ができたなら、らんまるの望みに近づけてあげられるのにって
思うこともあるけど、元気に長生きして欲しいと思う気持ちは
これまでも、そしてこれからもずっと変わりない私たち夫婦の願い。

らんまる、愛してるぜぃ♡



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ  人気ブログランキングへ

1クリックがポイントになります。
らんまるとカメラのバナーをクリックして応援してね♪


| らんまる高齢期・シニアケア | 23:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

COMMENT

Re: うさぎの介護人さんへ

こういう場合、みなさんどうされているのかな…と思うことが増えてきました。
年齢と体調に合わせた環境づくりは、そのお家によって違うのでしょうが、こういうのがあったらいいのに…と思うものって、やっぱりまだまだ探しても見つからないことの方が多いですね。本当に、こういう時には言葉で通じ合えたのなら、もっとしてあげられることもあるだろうに…と思ってしまいます。同じように高齢の動物家族と暮らしながら試行錯誤してる方はたくさんいらっしゃると思うから、互いに情報交換しながら、末長く暮らせる環境づくりをしていきたいですね。こちらこそ、色々教えてくださいね。

| aco | 2016/06/05 22:18 | URL |

らんまるちゃんのリフォーム,とてもいいですね。
うさぎの状態に合わすというのは,とても大切ですし,普段からよく観察されているということ。
とても有意義な情報をありがとうございます。

| うさぎの介護人 | 2016/06/04 14:51 | URL | ≫ EDIT















非公開コメント

TRACKBACK URL

http://acolog0519.blog85.fc2.com/tb.php/1436-b2e735c6

TRACKBACK

PREV | PAGE-SELECT | NEXT