PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

’今’出来ることを。


※少しでも高齢なうさぎさんと暮らす方の参考になればと思い
少し長めの記事を書いています。


acolog

土曜日のらんまるはこれまでにないほど足の調子が良くなくて
そのせいか気持ちも元気がないようでした。

起き上がっても足に力が入らず
思うように動けない姿は本当にいたたまれなくて…
大好きだったオットマンへも
自分の力で上れなくなってしまったようでした。
ここ2・3日の間に訪れた急激な体の変化です。


そんなわけでこの週末は主人と’いま出来ること’を話し合い
早速2つのことをやってみることにしました。


1つ目は、増設したケージを撤収すること。

acolog

お留守番の時に使っていた増設ケージのすのこが
今のらんまるの足には合わなくなってきたので、
思い切って撤収することに。
ラグ全体をらんまるの行動可能範囲に。


2つ目は、ケージ内にあるトイレの位置を下げること。
高齢になるとトイレに跳び乗ることが難しくなると聞きます。
今はまだ乗っているけど、負担になってしまう前に少しでも
バリアフリーな環境にしようかと。


そうと決まれば実行あるのみ!


acolog

いつもはすのこの上にトイレ(ウッドベッド)を乗せるように設置して
その上にぴょこんとらんまるが跳び乗って用を足すわけですが
トイレの下に敷かれたすのこを切ってボックスをはめ込むことで
少しでもトイレの位置を低くすることに。


acolog

ボックスの場所にあるすのこを一部カットします。


acolog

ただカットするだけでは安定感がなくなるので

acolog

カットして不要になったすのこを使って裏面を補強。



acolog

らんまるが乗ってもガタガタしないか

acolog

力を加えて確認。



acolog

補強部分を微調整
(らんまるはその向こうでお寛ぎ中)


acolog

絶妙な具合でボックスが収まった♪


acolog

ボックスの下部が
すのこの下に入っているのが分かりますか。


ちなみにらんまるのケージはうさぎ用のものではありません。
うさぎ用で探すと理想とするアイテムがなかなか見つからない…
ので、犬用のケージ(マルカン NEW パピィケージ)を
我が家なりにアレンジして使っています。



acolog

一番下に新聞紙を敷いて


acolog

その上にペット用のトイレシート


acolog

すのことトイレ(ウッドベッド)を置いて
(ちなみにすのこはラビットケージDX用の木製すのこ
ケージの大きさにカットして使っています。)


acolog

百均で売ってるトレーを
トイレシートで包んでボックスの中へ


acolog

トイレ用の砂(猫用)を入れて


acolog

付属の網を乗せて


acolog

牧草を盛ったら完成。

お掃除は週末限定なので、
それなりに手をかけているつもりです(笑)。


話を元に戻して・・・

acolog
(before)
これが今までの高さ



acolog
(after)
見た目は少しに感じますが、印象としてはかなり低くなりました。
ちなみにこのボックの上部一段は最初からカットして使っています。



acolog

すのこでは足の踏ん張りがきかなそうなので
休息マットを敷いて


acolog

これでらんまるケージのプチリフォームは完成


それから、ケージの上蓋も外すことにしました。

acolog

若い頃のようにジャンプしてケージを跳びこえる…
なんてやんちゃはもうしないでしょうし、
何かの時には上からすぐに手を差し伸べることが出来るから。
増設ケージも無くなったから空間が広々して
おかげで写真も撮りやすくなった(笑)


acolog

最近は少しお腹がゆるい時があるから
牧草もたくさん食べてね。


acolog

手をついて低くなったこと確認してくれたかな?


気付いた時にこまめにらんまるの足腰をマッサージするようにしたら
日曜日は土曜日より足の調子が良かったように思います。

少しの積み重ねを続けていくことで
急激な変化を少しでも緩めることが出来たらいいなと思います。



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ  人気ブログランキングへ

1クリックがポイントになります。


| らんまる高齢期・シニアケア | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT