PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

検診でわかったこと


acolog
(2017/4/2 検診&爪切り、5回目の鍼灸治療にて)


随分ご無沙汰してしまったような気がします。

3月という月日は毎日が試行錯誤の連続で
時々刻々と変化してゆくらんまるの体に
その場その場で対処していくことに必死でした。

とても長く感じたし
もう少しだけ待ってほしいと思うくらい日々は過ぎて行きました。

色々書きたいこと(書いておきたいこと)はあるのですが、
書くことを整理しているうちにまた新たなことが起こって
とにかくその繰り返しで…じっくり取り組みたくても
らんまるの体は私たちを待ってはくれません。


acolog

鍼灸治療で一定の効果は認められるものの
今のらんまるは自力で起き上がることは難しい状態にあります。
腕の力で上半身は起こせても腰に力が入りません。


acolog

それでもサポートしてあげれば
起き上がってご飯を食べることは出来るから
これは鍼灸治療の賜物と思っています。
ヨロヨロしながらでも自分の筋力を使って動くことが何よりだから。


今日は鍼灸の前に通常の検診と爪切りをお願いしました。
体重は2.06キロ
1月末の検診時に2.25キロあった体重ですが、
2.25 →2.18 →2.10 →2.06
…と、少しずつ減少しています。

最近は食べる量が減っているので体重減少は一番の懸念事項なのですが、
今日の検診で新たな心配事が見つかりました。

触診の際にお腹のあたりが硬かったらしく、レントゲンを撮ることになりました。
結果は胃の内容物が消化されず溜まっている状態にあって
胃が肥大しているということでした。

胃腸の動きをよくするお薬を日に3回、シリンジで与えることになりました。
食べなれないものは頑として口にしないらんまるのこと
どうやって口にしてもらおうかと悩みましたが
お薬は甘めのシロップと聞いて少し安堵、
初回からシリンジに噛み付くくらいの勢いで舐めてくれて
らんまる美味しかったねー!と撫でまくりつつ、心の中ではガッツポーズ。

溜まったものが出てくれないとご飯もしっかり食べれないから
このお薬を飲むことで胃腸の動きが良くなって
また食事が摂れるようになって体重が戻ってくれるといいんだけど…。


acolog

日中はスマカメでちょこちょこらんまるの様子を見守る日々
仕事で半日家を空けている間にも
らんまるの体内時計はどんどんと進んでいってしまう。
時間は皆に平等というけれど、彼らの時間は私たちの何倍ものスピードで過ぎている。
出来ることならそばにいて、ほんの少しでもサポートしてあげたい。
仕方のないこととはいえ、もどかしい毎日です。



ブログランキングに参加しています。

にほんブログ村 うさぎブログ 黒うさぎへ  人気ブログランキングへ

1クリックがポイントになります。

| らんまる高齢期・シニアケア | 00:30 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT