PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

忘れ形見とともに



acolog


私のことなのですが
最近ごまちゃんを身近に置いて過ごすようになりました。

らんまるに触れられないことが寂しい…
それを友達に言ったら
「らんまるさんの心の友ごまちゃんがいるじゃない」って教えてくれたの。

改めて気付いたというより
言われるまで気が付かなかった。
らんまるがいつも一緒にいた存在を自分の身近に置くということに。


acolog


最初は何の気なしだったのに、らんまるが気に入ってくれたと感じた時から
いつの間にかちょこちょこと数が増えていったごまちゃん。
部屋のあちこちに置いていたから、近寄って添い寝したり、
咥えて走り回ったり、ぺろっと舐めてみたり…
お世話している時には、らんまるの体を支えるクッション役をやってくれたりもして…。

でも、らんまるが旅立ってからは、ねころんを入れ物代わりにして
全部のごまちゃんをしまってしまいました。
だから、「ごまちゃんがいる」って言われるまでほんとに気が付かなかった。


acolog


らんまるの忘れ形見ごまちゃん。
1日のほとんどの時間を一緒に過ごしていたから
らんまると毎日どんなことを語らっていたんだろう・・・。

だから、らんまるに話しかける時
寂しいと感じた時
にこにこ微笑むごまちゃんに触れてみることにしたよ。

そんな私を見て主人はどう思ったか分からないけど
具合が悪くて寝込んでしまった時
主人が私の枕元にごまちゃんを持って来た時はちょっと笑った。


acolog

ごまちゃん、らんまるの良き相棒になってくれて
本当にありがとう。


今日はらんまるの四十九日です。



| memories photo | 21:06 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

PREV | PAGE-SELECT | NEXT